LinuxでFreeBSDのパーティションをマウントする

1)手動でマウントする

# mount -t ufs  -r -o  ufstype=ufs2 /dev/sdb9 /mnt/freebsd_usr

タイプをufsにしてufs2というufstypeオプションを指定する。

どのパーティションをマウントすればよいか、分かりづらいのでfdiskコマンドを使って以下のようにデバイス名を推測する。

# fdisk /dev/sdb

The number of cylinders for this disk is set to 15017.
There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
and could in certain setups cause problems with:
1) software that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)
2) booting and partitioning software from other OSs
(e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)

Command (m for help): p

Disk /dev/sdb: 123.5 GB, 123522416640 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 15017 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0×00000000

Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1   *           1        7648    61432528+  a5  FreeBSD

Command (m for help): b
Reading disklabel of /dev/sdb1  at sector 64.

BSD disklabel command (m for help): p

8 partitions:
#       start       end      size     fstype   [fsize bsize   cpg]
a:        1*       66*       65*    4.2BSD     2048 16384     8
b:       66*      131*       65*      swap
c:        1*     7648      7647*    unused        0     0
d:      131*      262*      130*    4.2BSD     2048 16384 28552
e:      262*      327*       65*    4.2BSD     2048 16384     8
f:      327*     7648      7321*    4.2BSD     2048 16384 28552

2)起動時に自動でマウントする

/etc/fstabに以下のように記述する

/dev/sdb9      /mnt/freebsd_usr  ufs    ro,ufstype=ufs2   0     3

ここでは
デバイス名称:/dev/sdb9
マウントポイント:/mnt/freebsd_usr
ファイルシステムタイプ:ufs
マウントオプション:ro,ufstype=ufs2
ダンブ情報:0
fsckのチェック:3
に設定している。

ダンブ情報はdumpでバックアップをとらないなら0を指定する。
fsckのチェックは0を指定すればチェックせず、1以上を指定すれば
チェックする。Linuxのファイルシステムの優先順位より低く設定している。

参考URL

The Linux+FreeBSD mini-HOWTO

Comments are closed.